講師派遣・視察受入について


当センター理事及び事務局スタッフによる講演・研修や視察の受入については、地域の元気づくりに資するものであれば可能な限りお引き受けいたします。

ご依頼にあたっては、本ページの記載内容をよくご確認いただいた上で、[お問い合せフォーム]から以下の事項を明記し、ご連絡下さい。電話やメール等で打ち合わせの上、正式に決まりましたら依頼文の送付をお願いします。

【明記して頂きたい事項】

(1)依頼種別(講演/研修講師/視察受入)

(2)日時(もしくは開催時期)

(3)開催地(会場)

(4)参加対象者(人数及び所属等)

(5)依頼内容

(6)予算

(7)主催者側の意図・ねらい等


講演・研修のテーマ


講演テーマ

●地域を動かす中間支援術

当センターは、地域の多様な主体・団体と協働して、新たな事業を生み出すコーディネート&インキュベート型の中間支援活動に積極的に取り組んでいます。今までの取り組み事例やその中で培ってきたノウハウ(例:当事者をその気にさせるコーディネート術)など、地域を動かす中間支援術について、実例を交えてお話しします。

 

●小規模多機能自治・将来を見据えた地域運営組織のあり方

将来の社会情勢を冷静に見据えると、地方では今後ますます住民自治の比重が高まることは不可避です。住民が主体となった地域経営・小規模多機能自治について、「現状の見える化」「住民の意識変革の具体例」「具体的な進め方・仕組み構築のポイント」などをお話しします。

 

●地方におけるコミュニティビジネスの育成

中山間地域を含めた地方部でコミュニティビジネス育成を進めるには、都市部とは違った留意点やテクニック・ノウハウがあります。実践の中で培った中間支援のノウハウや、コミュニティビジネス育成が地域をどう変化させたのかなど、具体例を交えながらお話しします。

 

 ●民民連携による新たな価値の創造〜村上岩船地域におけるCSV(Creating Shared Value)の実践例〜

当センターでは、官と民だけでなく、民と民の協働(NPO同士あるいは民間企業とNPO)による取り組みも、積極的に応援しています。民民同士のコラボから何が生まれたのか?CSVという視点から具体事例を紹介します。

研修テーマ

●中間支援への理解を深める研修

当センターでは、「中間支援とはどのようなものなのか?」「コーディネーターがいることで、地域はどう変わるのか?」といったことを、リアルに実感して頂くために、独自のシミュレーションプログラムを有しています。

 

●コーディネートスキルに関する研修

コミュニティビジネス・住民主体の地域づくり活動を育成する上で、共通して大切なことは「まずはアクションを起こす」こと。実際に地域を動かすためのコーディネートのポイント・ノウハウ・テクニックを、講義・演習を通じてお伝えします。

 

●コミュニケーション研修/マナー研修

地域との対話に必要コミュニケーションスキルの基本を学ぶ研修プログラムも実施しています。各学校で行っている職場体験の事前学習としてもご活用いただいています。

 

●交流サロン運営者向け研修

主に若者が集う交流サロンの企画運営方法について、実践を通じて培ったノウハウをお伝えします。

 

※上記以外でも、対応できるものであればお引き受けいたします。お気軽にご相談下さい。


視察受入


当団体事務所での活動紹介等をお受けします。 

※各種調査・ヒアリングについても、視察受入とさせて頂きます。

 

また、地域内のコミュニティビジネス事業者・地域づくり団体等への視察も、ご要望に応じてコーディネートいたします。お気軽にご相談下さい。

 

(訪問先の例)

さんぽく生業の里(伝統工芸品・羽越しな布の生産/郷土料理の提供他)

交流の館「八幡」(廃校活用による宿泊施設・体験プログラムの受入他)

高根フロンティアクラブ(廃校活用による食堂の経営他)

朝日村まゆの花の会(シルクフラワー・まゆクラフトの販売他)

・はつめの会(高齢者の知恵を活かした商品開発他) など

料金表


講演・研修依頼や視察受入等は、当団体の財政基盤を支える講師派遣事業として位置づけ、個人の活動とは分けて考えております。謝金等の経費も、個人に対してではなく、センター宛に支払っていただくようお願いします。(やむを得ない場合には個人宛として源泉徴収も可能です。)

 

講演・研修にかかわる経費は、その趣旨や内容にもよりますが、準備に要する時間的負担等も勘案し、基本料金を下記のように定めています。遠方の場合には、これに交通・宿泊費や移動に伴う時間拘束の配慮をお願いします。(ただし当団体の活動にご協力いただいている場合、或いは開催趣旨に講師が特に賛同する場合は、柔軟に対応します。)

講演

 講演 108,000円〜(旅費は別途)
 パネラー 54,000円〜(旅費は別途) 
  • 講演後の発表記録用のチェックや手直しにつきましては、講演時間の数倍の時間と神経を要しますので、別に400字当たり概ね2,000円の割合で訂正・加筆料をお願いします。
  • 村上地域内については、特別料金で対応します。お気軽に事務局にお問い合わせください。

研修

2時間未満

新潟県内:54,000円〜(旅費は別途) 

新潟県外:75,600円〜(旅費は別途)     

2時間以上        

新潟県内:86,400円〜(旅費は別途)

新潟県外:129,600円〜(旅費は別途) 

  • 2時間未満の研修であっても、講師による講演を行う場合は「講演」扱いとなります。
  • 内容・人数によってはアシスタントスタッフが必要な場合があります。その際は別途追加料金を頂きます。
  • 村上地域内については、特別料金で対応します。お気軽に事務局にお問い合わせください。

視察受入

行政、研究機関、民間事業者 1時間あたり15,000円                       
NPO(法人格の有無は問わず) 1時間あたり12,000円
学生 実費以外は無料 
  • 視察の際、資料代は原則として5名までは無料ですが、それ以上の用意が必要な場合は、追加一人に付き500円いただきます。

◎まずはお問い合わせ下さい。

  • 料金はあくまでも目安です。可能な限り、予算に応じて柔軟に対応いたしますので、まずはお気軽にご相談下さい。

講師紹介


斎藤 主税(Chikara Saito)

都岐沙羅パートナーズセンター 理事・事務局長

 

都岐沙羅パートナーズセンター創設時からのメンバーで、当センターの統括コーディネーター。地方におけるコミュニティビジネス育成・地域づくり活動支援・参加型まちづくりのエキスパートとして、複数のNPOに携わりながら、幅広い分野・地域でコーディネート活動や講演・研修等を展開中。特に最近は、中山間地域における小規模多機能自治の実践をテーマにした講演・研修・ワークショップの依頼が多数あり、全国各地を飛び回っている。

現在、NPO法人まちづくり学校・理事、NPO法人にいがたエキナン会・副理事長、NPO法人点空社・理事、NPO法人みらいずworks・理事 他。


大滝 聡(Satoshi Ohtaki)

都岐沙羅パートナーズセンター 理事

 

都岐沙羅パートナーズセンター創設では中心的な役割を担った当センターの事業コーディネーター。本業はデザイナーで、グラフィックデザイン・環境造形・コミュニティデザインが専門。参加型まちづくり、コミュニティビジネス育成、各種ワークショップのエキスパートとして全国的に活躍中。

現在、(有)オム・クリエイション取締役、NPO法人まちづくり学校代表理事、他


鈴木 信之(Nobuyuki Suzuki)

都岐沙羅パートナーズセンター 事業コーディネーター

 

学校と地域を結ぶ「地域活動体験コーディネーター」として、平成21年より都岐沙羅パートナーズセンターに勤務。地元高根集落では、地域おこし組織「高根フロンティアクラブ」の中心メンバーの一人として、設立時から多彩な活動・事業を実践している、グリーン・ツーリズム、地域づくり活動のエキスパート。

現在、高根フロンティアクラブ会長、どぶろく「雲上」杜氏。


佐藤 香(Kaori Sato)

都岐沙羅パートナーズセンター 事業コーディネーター

 

平成22年より都岐沙羅パートナーズセンターに勤務。住民活動支援やグリーン・ツーリズム等を主に担当。若者支援事業(おしゃべりCafeの企画・運営)では、事業コーディネーターとして中心的な役割を担っている。マナー研修・コミュニケーション研修などの各種研修会の講師も担当。


能登谷 愛貴(Aki Notoya)

都岐沙羅パートナーズセンター 事業コーディネーター

 

平成24年に神奈川県から村上市高根にIターン。平成25年より都岐沙羅パートナーズセンターに勤務。住民活動支援やグリーン・ツーリズム、情報発信事業を主に担当。若者支援事業(おしゃべりCafeの企画・運営)では事業コーディネーターとして中心的な役割を担っている他、各種研修の講師も担当。


講師派遣の主な実績


平成29年(2017)

●地域づくり計画見直しに向けた研修会(村上市/各まちづくり協議会)

●地域づくりに関する卓話(村上岩船ロータリークラブ)

●小規模多機能自治に関する講演(村上市神林支所・職員研修)

●      〃       (大分県日田市)

●小規模多機能自治に関する研修会(やまぐち県民ネット)

●      〃        (小規模多機能自治推進ネットワーク会議)

●協働の地域づくり推進事業・NPO法人研修会(山形県/おきたまサポートネットワーク)

●中間支援組織のコーディネート術に関する講演(市町村職員中央研修所)

●にいがた旬塾2017(新潟ろうきん福祉財団/認定NPO法人新潟NPO協会) 他

平成28年(2016)

●村上ニナイテ講座(新潟県村上地域振興局/NPO法人まちづくり学校)

●小規模多機能自治に関する講演(山の暮らし再生機構)

●      〃       (新潟県労働金庫村上支店)

●      〃       (村上市大毎集落)

●小規模多機能自治に関する講演&自慢大会(燕市)

●小規模多機能自治に関する研修会(魚沼市堀之内コミュニティ協議会)

●      〃        (関川村)

●      〃        (村上市神林支所)

●      〃        (山北商工会青年部/ドリーム100プロジェクト)

●まちづくりカレッジ2016(日本都市計画家協会)

●地域まちづくり人材育成講座(札幌市/石塚計画デザイン事務所)

●地域団体同士の交流ワークショップ(最上小国川清流未来振興機構)

●地域づくり計画見直しに向けた研修会(村上市/各まちづくり協議会)

●しばた若者応援フォーラム(新発田市)

●山の暮らしサロン(山の暮らし再生機構)

●職員研修(蒲萄スキー場)

●地域づくり講演会(新潟県労働金庫加茂支店) 他

平成27年(2015)

●農山村交流研修会 in 新発田(新潟県新発田地域振興局)

●地域づくり講演会2016(北上市)

●まちづくり・ビジネス人材育成研修(岩手県滝沢市)

●長寿社会における生涯学習政策フォーラム2015 in 大分(東京大学/大分県)

●学校と地域の連携事例紹介(にいがたファシリテーション授業研究会)

●市町村職員協働研修(新潟県/認定NPO法人新潟NPO協会)

●最上小国川清流未来振興機構シンポジウム(山形県)

●コミュニティビジネス講座(岩手県雫石町)

●持続可能なまちづくり研修会・講演(岩手県紫波町)

●村上市消費者協会定時総会での基調講演(村上市消費者協会)

●ときがねフォーラム(NPO法人ちば地域生活支援舎)

●人口減少の時代に向けた都市の再編モデルの構築・特別調査委員会(日本建築学会)
●地域における生活支援サービス提供に関する研究会(総務省) 他